往診治療

HOME > 往診治療

当院では、歩行が困難で、通院受診が難しい方に対して、訪問による鍼灸・マッサージ治療(往診・往療)を行なっています。
基本的に健康保険を適用 しての治療をしており、患者さんの経済的負担を軽減し、なおかつ治療効果をあげるための治療計画をご提案しています。
介護保健の訪問リハビリ や、医療機関による訪問治療 との 併用ができますので、お気軽にご相談ください。

健康保険の適用される主な症状

  • 脳血管障害(脳梗塞、くも膜下出血など)の後遺症による運動麻痺、知覚障害
  • 神経根の障害による神経痛
  • 筋の疾患による筋麻痺
  • パーキンソン病、リウマチなどによる筋麻痺または関節拘縮
  • 骨折の後遺症による関節拘縮
  • 外科療法(手術)後における機能障害
  • 骨・筋・腱・関節の癒着異常からくる運動障害、疼痛など(変形性関節症)

病名としては、こちら

  • 脳疾患障害後遺症 ・ 脳梗塞後遺症 ・ 脳出血後遺症
  • パーキンソン病・ 多発性脳梗塞 ・ バーチャ病
  • 筋ジストロフィー ・ ニューロパチー
  • 変形性腰痛症 ・ 変形性膝関節症 ・ 変形性脊椎症 ・ 骨粗しょう症
  • 慢性関節リウマチ ・ 多発性関節リウマチ ・ 腰椎椎間板ヘルニア
  • 脳性麻痺 ・ 頚髄損傷 ・ 頚椎損傷
  • 四肢体幹機能障害 ・ 脊柱管狭窄症 ・ 大腿骨頚部骨折後遺症
  • 四肢筋萎縮 ・ 大脳皮質萎縮 ・ 脊髄小脳変形症
  • サルコイドーシス ・ 末梢神経障害
  • ギランバレー症候群 ・ 神経原生筋萎縮症 ・ 筋萎縮性側索硬化症
  • 全身廃用症候群 ・ 上下肢筋肉廃用性萎縮 ・ 閉塞性動脈硬化症

鍼灸治療やマッサージを通して、硬くなっている筋肉・関節を柔らかくする、あるいは痛みを和らげることを目的とします。

ご注意ください

訪問による鍼灸・マッサージ治療(往診・往療)には、「医師の同意書」が必要です。
但し、マッサージ治療においては、医師の同意書を得ても、保険者が治療に相当するケースか否かを審査しますので、結果として治療が認められない場合もありますのでご留意ください。はりきゅう治療では、そのような「不確実さ」はほとんどなく、医師の同意書が得られた時点で治療を開始できます。
まずは当院にご相談ください。

基本料金

施術を認められた部位や負担割合および往診距離により異なりますが、およそ200円~400円を目安としてください。(厚生労働省の定める料金です。)

Q&A

介護保険とは違うもの?

「治療」を目的として健康保険を適用しますので、「介護」を目的とした介護保険とは全く別の制度です。ケアプランの作成に影響がなく、介護保険の訪問リハビリとの併用もできます。介護保険の範囲を気にせずに治療を受けられます。

ケアマネージャーさんに相談するべき?

できれば、ご相談ください。「介護」と「訪問(往診)治療」の相乗効果が得られます。日常生活動作の改善は、両者ともに望んでいることです。当院の治療内容を、患者さん周囲の方々にも知ってもらうことは、とても大事だと考えています。

治療時間はどのくらいかかる?

治療する部位によりますが、15~20分程度です。

訪問(往診)マッサージ治療はお一人お一人のケースが異なりますので、それぞれに必要な往診治療計画を立てています。納得のいくご説明をしておりますのでお気軽にご相談ください。

体の箇所から症状を調べる

  • 頭・顔
  • 目
  • 首
  • 肩
  • 腹
  • 腰
  • 手
  • 脚・足
  • 全身・その他
  • 美容関連