手の改善方法

HOME > 手の改善方法

ねんざ(手)

現在準備中です。

掌蹠膿疱症

掌蹠膿疱症とは

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)とは手掌、足底に対称性に無菌性膿疱(細菌感染が原因でない膿の塊)が出現する慢性の皮膚疾患です。胸鎖肋間骨化症(胸骨と鎖骨、肋骨の間の軟骨が骨化する病気)を10%程度の確率で合併するといわれています。

頻度・性差・年齢

中年の男性に好発します。喫煙がきっかけで発症することがあり、それも男性に多い理由の一つと考えられます。

原因

喫煙、慢性扁桃腺炎、虫歯、歯肉炎、金属アレルギー(歯)などが原因となっている例があります。長期間の喫煙が原因となっている方が多いです。

検査

・採血…白血球数、CRPを測定します。
・扁桃誘発試験…扁桃腺を綿棒で刺激し、掌蹠膿疱症の症状を観察します。
・金属パッチテスト…歯の金属がアレルギーとなっているか確認するテストです。
・胸部X線…胸鎖肋間骨化症の診断に施行します。

症状

初期には、手掌、足底、特に土踏まずの部位に小さな水疱が多数生じます。この水疱が膿疱(膿のある皮疹)に変化し、膿疱の周辺に紅班(赤い斑点)を生じます。紅班が拡大すると複数の紅班が融合し大きな紅班となります。爪の点状陥凹や爪の肥厚が高度に合併します。膿疱が1ヵ月程度で繰り返し発生し、慢性に経過します。手足以外の膝、頭部などに発生することもあります。
胸鎖肋間骨化症を合併すると骨化した部位の痛みが発生します。

病理

通常、掌蹠膿疱症の診断は皮疹の形、大きさ、性質、部位などで診断がつきます。難しい鑑別診断が必要な場合、病理検査が行われます。
掌蹠膿疱症では表皮層に無菌性膿瘍が見られます。

治療法・薬・副作用

A) 原因のはっきりした掌蹠膿疱症に対しては根本的な治療を行います。

■禁煙
長期間の喫煙が原因となっている場合、禁煙をすることで治癒が期待できます。

■慢性扁桃腺炎の治療
抗菌薬、扁桃腺切除などで扁桃腺炎が治癒できれば掌蹠膿疱症が治癒する可能性も高いです。

■アレルギー原因金属の除去
アレルギーが原因となっている金属がわかった場合、その金属を除去することで掌蹠膿疱症が治癒します。

B) 原因が不明である場合、皮膚科的な治療を行います。

■活性型ビタミンD3外用薬
• ボンアルファ(濃度0.0002%):1g112.2円。後発薬では1g 57.4円と安価です。副作用は頭痛、皮膚のヒリヒリ感、刺激感、発赤、肝障害、白血球増多、血清リン低下。
• ボンアルファハイ(濃度0.002%):1g272.3円。後発薬はありません。副作用は頭痛、皮膚のヒリヒリ感、刺激感、発赤、肝障害、白血球増多、血清リン低下。
• ドボネックス:1g134.4円。後発薬はありません。副作用は高カルシウム血症、急性腎不全、接触性皮膚炎、総痒。

■ステロイド外用薬
安価ですが、皮膚の副作用として皮膚萎縮、毛細血管拡張症、長期投与で全身の副作用として副腎機能低下などが見られることがあります。

C) 外用薬が無効であったり、全身に症状が強く出た場合、全身の療法に移行します。

■光線療法
PUVAと省略されますが、Pはソラレン(psoralen)という薬剤の内服、外用後にUVA(長波長紫外線 320-400nm)という光を照射することで治療を行います。副作用として、日焼け、白内障、皮膚癌の発生などがあります。

■ビオチンの内服、注射
ビタミンHの成分ですが、免疫機能を調整し効果を発現します。ビオチン散剤は1g11.7円と安価で、1日9-12g程度内服します。この薬はビタミンですので、副作用はないとされています。ビタミンC、パントテン酸、ミヤBM(酪酸菌製剤)を同時に服用します。

■ビタミンAの誘導体
エトレチナート(チガソン)を1日50mg服用します。1270円と高価です。後発薬はありません。副作用ですが、中毒性表皮壊死症、多形紅班、血管炎、口唇炎、口内乾燥、皮膚菲薄化、掻痒、脱毛、肝障害、胃腸障害、結膜炎、頭蓋内圧亢進といろいろあります。

■免疫抑制剤
リウマトレックス:1週間に6mgの服用で898.5円です。後発薬では459.6円と約半額になります。

副作用は、重大な副作用としてショック、アナフィラキシー様症状、骨髄抑制、呼吸不全にいたるような肺炎(ニューモシスティス肺炎等を含む)、敗血症、サイトメガロウイルス感染症、帯状疱疹、劇症肝炎、肝不全、肝組織の壊死・肝組織の線維化、肝硬変等の重篤な肝障害(B型肝炎ウイルスによる肝障害またはC型肝炎ウイルスによる肝障害を含む)、急性腎不全、尿細管壊死、重症ネフロパチー、間質性肺炎、肺線維症、胸水、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、出血性腸炎、壊死性腸炎、膵炎、骨粗鬆症、脳症(白質脳症を含む)などがあります。

あまり重篤でない副作用として、発疹、そう痒、発熱、蕁麻疹、好酸球増多、出血、低ガンマグロブリン血症、リンパ節腫脹、肝機能障害(GPT上昇、GOT上昇、Al-P上昇等)、LDH上昇、黄疸、脂肪肝、BUN上昇、血尿、クレアチニン上昇、蛋白尿、嘔気、腹痛、下痢、口内炎、食欲不振、嘔吐、舌炎、口唇腫脹、消化管潰瘍・消化管出血、メレナ、イレウス、脱毛、紅斑、皮下斑状出血、皮膚潰瘍、光線過敏症、皮膚色素沈着、皮膚色素脱出、ざ瘡、結節、頭痛、眩暈、意識障害、眠気、目のかすみ、しびれ感、味覚異常、項部緊張、背部痛、錯感覚、咳嗽、呼吸困難、無精子症、卵巣機能不全、月経不全、流産、倦怠感、動悸、胸部圧迫感、低蛋白血症、血清アルブミン減少、浮腫、膀胱炎、結膜炎、関節痛、耳下腺炎などです。

ただし掌蹠膿疱症に対しては健康保険の適応が認められていません。

参考:allabout健康・医療

他にも様々な要因がありますが、このサイトは専門書ではないためここでは割愛いたします。
気になる症状は、まず玄武堂各院へご相談ください。

手足口病

手足口病とは

手足口病は、口の中や、手足などに水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症です。子どもを中心に、主に夏に流行します。感染症発生動向調査によると、例年、報告数の90%前後を5歳以下の乳幼児が占めています。病気の原因となるウイルスは、主にコクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71(EV71)で、その他、コクサッキーウイルスA10などが原因になることもあります。

どうやって感染するか?

感染経路は、飛沫感染、接触感染、糞口感染(便の中に排泄されたウイルスが口に入って感染することです)が知られています。
特に、この病気にかかりやすい年齢層の乳幼児が集団生活をしている保育施設や幼稚園などでは注意が必要です。
理由は、子ども達同士の生活距離が近く、濃厚な接触が生じやすい環境であることや、衛生観念がまだ発達していないことから、施設の中で手足口病の患者が発生した場合には、集団感染が起こりやすいためです。
また、乳幼児では原因となるウイルスに感染した経験のない者の割合が高いため、感染した子どもの多くが発病します。

症状は?

感染してから3~5日後に、口の中、手のひら、足底や足背などに2~3mmの水疱性発疹が出ます。発熱は約3分の1にみられますが、あまり高くならないことがほとんどであり、高熱が続くことは通常はありません。ほとんどの発病者は、数日間のうちに治る病気です。しかし、まれですが、髄膜炎、小脳失調症、脳炎などの中枢神経系の合併症のほか、心筋炎、神経原性肺水腫、急性弛緩性麻痺など、さまざまな症状が出ることがあります。(特にEV71に感染した場合には、他のウイルスによる手足口病と比べて、中枢神経系の合併症を引き起こす割合が高いことが明らかとなっています。)
また、手足口病の典型的な症状がみられずに重症になることもありますので、注意が必要です。なお、近年、コクサッキ―ウイルスA6感染により手足口病の症状が消失してから、1か月以内に、一時的に手足の爪の脱落を伴う症例も報告されていますが、自然に治るとされています。
手足口病にかかったこどもの経過を注意深く観察し、合併症に注意をする必要があります。

予防方法

手足口病には有効なワクチンはなく、また手足口病の発病を予防できる薬もありません。治った後でも、比較的長い期間、便などからウイルスが排泄されることがあります。また、感染しても発病はせず、ウイルスを排泄している場合があります。これらのことから、発病した人だけを長期間隔離しても有効な感染対策とはならず、現実的でもありません。前述したように、衛生観念がまだ発達していない乳幼児の集団生活施設では、施設内での感染の広がりを防ぐことは難しいです。しかし、手足口病は、発病しても、軽い症状だけで治ってしまうことがほとんどであるという意味で、感染してはいけない特別な病気ではありません。これまでほとんどの人が子どもの間にかかって、免疫をつけてきた感染症です。
一般的な感染対策は、接触感染を予防するために手洗いをしっかりとすることと、排泄物を適切に処理することです。
特に、保育施設などの乳幼児の集団生活では、感染を広げないために、職員とこども達が、しっかりと手洗いをすることが大切です。おむつを交換する時には、排泄物を適切に処理し、しっかりと手洗いをしてください。
手洗いは流水と石けんで十分に行ってください。また、タオルの共用はしてはいけません。
手足口病は、治った後も比較的長い期間便の中にウイルスが排泄されますし、また、感染しても発病しないままウイルスを排泄している場合もあると考えられることから、日頃からのしっかりとした手洗いが大切です。

治療方法

手足口病に特効薬はなく、特別な治療方法はありません。また、基本的には軽い症状の病気ですから、経過観察を含め、症状に応じた治療となります。
しかし、まれに髄膜炎や脳炎など中枢神経系の合併症などが起こる場合がありますから、経過観察をしっかりと行い、高熱が出る、発熱が2日以上続く、嘔吐する、頭を痛がる、視線が合わない、呼びかけに答えない、呼吸が速くて息苦しそう、水分が取れずにおしっこがでない、ぐったりとしているなどの症状がみられた場合は、すぐに医療機関を受診しましょう。

日本での発生状況

毎年、夏を中心として発生し、7月下旬に流行のピークを迎えます。過去10年間では、平成23年に最大の流行が発生しましたが、平成25年はそれに次ぐ規模の流行となっており、注意が必要です。
手足口病は、ほとんどの場合、軽症で治りますが、重症化する割合が高いといわれているEV71による手足口病も流行していますから、しっかりと経過観察をする必要があります。

世界での発生状況

手足口病は、世界中で日本と同様子どもを中心にみられる病気です。温帯地域では、主に夏に発生します。
EV71による手足口病の流行は、これまでにも、アジア各国で報告されています。マレーシア、台湾、中国、カンボジア、ベトナムなどでは、近年、EV71による手足口病の大きな流行が報告されています。

参考:日本医師会HP

他にも様々な要因がありますが、このサイトは専門書ではないためここでは割愛いたします。
気になる症状は、まず玄武堂各院へご相談ください。

体の箇所から症状を調べる

  • 頭・顔
  • 目
  • 首
  • 肩
  • 腹
  • 腰
  • 手
  • 脚・足
  • 全身・その他
  • 美容関連