主訴
動作時の股関節の痛み

経過
20代女性、相手との激しい接触を伴うスポーツ中に、
右股関節に痛みを感じた。

3週間たっても痛みが取れず、歩くときにも痛みがあるため、
力を逃がすためにカラダが傾く。

医師の診断は股関節の捻挫。


来院時、起床時が一番痛く、さらに風邪が治りかけとのことで、
冷えが入った、と捉えました。

しかし寒痺の鍼で改善はみられませんでした。

次に、便通や舌の状態から、
脾の弱りによる関節の痛み、体重節痛として捉え、
太白に鍼をしたところ、
仰向けに寝て、足を引く動作の痛みが、かなり改善されました。

また、相手に体当たりされて倒れたのが契機ということを考え、
打撲への処置として、足の指先のツボ、井穴を押して痛みを確認し、
レイダに瀉法を行いました。

立って体重をかけた時の痛みがかなり軽減し、
小刻みな足踏みができるようになりました。

治療後の歩容はかなり改善しました。

考察
今回は、1回の治療の中で、証を複数検討し、
反応をみながら施術をしました。

5回治療を行いましたが、大会が迫っているため、
痛みがあっても練習を休むわけにいかず、緩やかな改善となりました。

また、6回目には、新たに足底筋膜炎になり、
その痛みが股関節の痛みを上回ったため、
そちらの治療を優先することとなりました。

今回の経験で、中医学の治療はアスリートの痛みにも
適用できることがわかりましたが、
新たな傷害に遭遇することは想定していませんでした。

アスリートならではの症例は、重要な経験となりました。